共育ラボ

共育ラボは困ったときに役立つ、そんな教育メディアを目指しています。誰もが抱えている教育…

共育ラボ

共育ラボは困ったときに役立つ、そんな教育メディアを目指しています。誰もが抱えている教育に関するお悩みについて、みんなで考えて、みんなで悩んで、みんなで成長していく。そのために、私たちは子育てのヒントとなるような情報を提供し続けていきます。

マガジン

  • 共育ラボ ✕ 石田勝紀さん

    石田勝紀さんの記事はこちら

  • 共育ラボ ✕ 江藤真規さん

    江藤真規さんの記事はこちらから

最近の記事

  • 固定された記事

困ったときに役に立つ、そんな教育メディアになりたい

学生時代の進路選択、親になって初めて実感した子育ての大変さ、思春期のお子さんとの関わり方、進化するAI時代に我が子にはどんな働きかけをしたら良いのか。 いつの時代も私たちは「教育」というテーマに直面しています。親御さんも先生も、もちろん子どもたち本人も、いろんな局面で悩んだり困ったりします。 そんな時、そんな場面で、気づきを得たり、ほっとしたり、明るい先が少し見えたり、そんな媒体(メディア)があったらと思い、「共育ラボ」は誕生しました。 共育ラボをはじめる理由「教育」に

    • 脱・英語嫌い!英語に興味をもたせるために親ができる工夫

      変化する英語教育で求められるもの英語は小学校5年生、6年生で教科化されました。その2年間で英単語数は600〜700と言われ、2024年度の小学校教科書改訂から単語数が限りなく700に近くなると言われています。小学校によっては小1から英語に力を入れている公立学校もあり、英語に対する意識は高まる一方です。 また、2020年から順次改訂された学習指導要領では、「思考力」が重視されることになり、それに伴って「考えさせる問題」が入試でも続出しています。 例えば、大学入学共通テスト

      • 学年上位が実践している定期テスト対策の3ステップ

        中学校で学期ごとにおこなわれる定期テスト。その結果は、高校入試の際に重視される内申点にも大きく影響します。 さて、この定期テストの対策、お子さんはちゃんと勉強できていますか? 「頑張ろうと思ってるんだけど、勉強のやり方がわからない」なんていうお悩みを抱えてはいないでしょうか? 今回は定期テストの効率的な対策法として、私がいつも子どもたちに伝えている勉強のやり方を紹介します。 平均90点以上取る子たちが実践しているのが、次の3つのステップです。 順に詳しく説明していき

        • 「学校に行きたくない」と言われたら…

          「学校に行きたくない…」 できれば聞きたくなかったこの言葉は、ある日突然聞こえてきます。 「もしや…」 不登校児童生徒数が年々増え続けている事実が、親の不安を掻き立てます。 文部科学省のデータによれば、令和4年度の小・中学生の不登校児童生徒数は299,048人と過去最多。前年度からは54,108人の増加(前年度22.1%増)と、想像を超える勢いです。 もはや「特別なこと」ではなくなった子どもの不登校。個人の問題を超え、社会の課題をあぶり出している現象と言っても過言で

        • 固定された記事

        困ったときに役に立つ、そんな教育メディアになりたい

        マガジン

        • 共育ラボ ✕ 石田勝紀さん
          5本
        • 共育ラボ ✕ 江藤真規さん
          6本

        記事

          中学生が知っておくべき定期テストの真実

          中学校に入ると、子どもたちの前に立ちはだかるのが定期テストです。小学校で行われていたテストとは大きく違うため、戸惑う生徒、親御さんも少なくありません。 さらに、定期テストの結果は、高校入試の際に重視される内申点にも大きく影響します。 そのため、早いうちから「定期テストにどう対応していくか?」という心構えを親子で共有しておくことは大切です。 充実した中学校生活を過ごすためにも、また、高校進学の選択の幅を広げるためにも、 知っておきたい定期テストについて、詳しく解説します。

          中学生が知っておくべき定期テストの真実

          "計画的に"勉強を進めるスケジュールの立て方

          中学校に進学するタイミングで、「自分で計画的に学習するようになってほしい」と考える親御さんは多いのではないでしょうか。 お子さんが小学生の間は親御さんが学習計画を立てたり、進み具合をチェックしたりするご家庭も多いかもしれません。ところが、中高生になるとそのような管理も難しくなってきます。 なぜなら、テストやレポートの日程・範囲などは基本的にお子さんにのみ伝達されることが多いからです。つまり親御さんが学校の学習内容をすべて把握するのは難しいということですね。そのため、お子さ

          "計画的に"勉強を進めるスケジュールの立て方

          新年度に必見!進級・進学をチャンスにする"3つの工夫"

          昨日と今日。たった一日では何も変わらないのに、進級・進学が絡むと、たった一日が大きな違いを生み出します。 昨日まで小学生だったのに、今日から中学生。 昨日まで2年生だったのに、今日から最終学年。 意識が大きく変化するのが、環境が変わるタイミング。しかし、ここぞとばかりに親の期待値が高まり過ぎてしまうと、子どもがストレスを抱えてしまうことも。 節目を上手に活用するための親の関わり、言葉かけについて考えていきましょう。 期待と不安が交差する「新しい環境」緊張とともにスター

          新年度に必見!進級・進学をチャンスにする"3つの工夫"

          中学受験しない小学生、将来のために何をする?

          中学受験するべきなの?今は中学受験が加熱しており、「小1から進学塾に行かないと合格できない」という情報を聞いたことがあるかもしれません。 しかし、実際は全国平均で7.7%の子しか私立中学に進学していません。 東京だけ突出して25%と多いため、首都圏の印象が広がっているのだと思います。それでも4人のうち3人は公立中学に進学しています。ですから一般的に公立中学進学が通常の形です。 筆者は20歳で学習塾を開設して、公立に通う小中学生を指導する傍ら、東京の私立中学高校の常務理

          中学受験しない小学生、将来のために何をする?

          「子どもの主体性」というジレンマ―子育て家庭へ届けたい3つの処方箋

          見通しの立たない未来社会を生きるにあたって、広くその重要性が言われている「子どもの主体性」。誰かが敷いたレールを歩むのではなく、自分で考え自らの人生を切り開く姿勢はとても重要です。 主体的に行動する力は確実に必要であり、子育てにおいても意識しているご家庭は、増加の傾向にあるようです。 しかし、忙しい日常を、子どもの気持ちだけですすめることは難しく、結局は親が決めてしまったり、強いてしまったり。特に勉強が絡んでくると、主体性の追求に揺らぎが出てきてしまうこともあります。

          「子どもの主体性」というジレンマ―子育て家庭へ届けたい3つの処方箋

          子どもの「ながら勉強」をやめさせたい!

          YouTubeを見ながら、音楽を聴きながら勉強する我が子を見て、「あれで集中できるのかしら?」と、モヤモヤした経験はありませんか。 今回は子どもの「ながら勉強」に悩みを抱える方へ向けた記事です。 集中力が散漫になり、学習効率も悪くなりそうな「ながら勉強」。 何とかやめさせたいところですが、なぜ「ながら勉強」がダメなのか、明確に説明できますか? 実は「ながら勉強」にはデメリットだけではなく、メリットもあることが脳科学的に証明されています。そして方法によっては、勉強へのモチ

          子どもの「ながら勉強」をやめさせたい!

          中途半端な習い事…親はどうすれば?

          理解しておくべき3つの注意点習い事は、今は多くの子どもたちの間でも一般的になってきています。一昔前と比べると習い事の範囲も広く、低年齢化もしています。習い事と一口にいっても様々あります。例えば次のような習い事です。 体育系(水泳、体操、武道、球技など) 芸術系(絵画、音楽、書道、バレエなど) 勉強系(幼児教育、塾、英会話など) その他(そろばん、囲碁・将棋、プログラミング教室など) 習い事をすることで子どもの才能が伸びていくことは、もちろんありますが、次の3つにつ

          中途半端な習い事…親はどうすれば?

          子どもは変わる!やる気を引き出すコーチング4つのステップ

          あの子がやる気を出している姿など、いつから見てないだろう。小さいころは、あんなに楽しく勉強していたのに。どうして意欲がなくなり、勉強から逃避するようになってしまったのだろう。 もしかしたら学校が合っていなかった?先生との相性? Aちゃんの影響かもしれない。いや、きっと私のせいだ。私が忙しすぎて、勉強を見てあげられなかったからだ。 心の中で、負の連鎖が始まります。 「やる気がない」と決めつける前にやるべきこと常にやる気に満ち溢れ、高みを目指して頑張っている子。これが親の期

          子どもは変わる!やる気を引き出すコーチング4つのステップ

          勉強せずにゲームと動画ばかりの子に親はどうすれば…?

          ゲーム、スマホに関する相談、悩みは後を絶ちません。 筆者はこれまで7年間で1万人以上のママさんから対面で相談を受け、回答してきましたが、その中でも、「ゲームばかり」「動画(スマホやタブレット)ばかり」というフレーズをたくさん聞いてきました。 小学生はゲームが、中学生になるとそこにスマホが入り込み、もはや親のコントロールが効かないという状況にある家庭も多々あるようです。 一方で、興味深いのは、子どもの学力や成績が良いとそのような相談はありません。 では、学力が高い子はゲー

          勉強せずにゲームと動画ばかりの子に親はどうすれば…?

          伸びる子は「自己肯定感」が違う―親の関わりが決める

          もう、聞き飽きた言葉かもしれませんが、あえてお伝えします。 「どれだけ知っているか」より「知識をどう使えるか」 これがこれからの社会で「人間」に求められる力です。 しかし、今一つわからないのが、「どう使うか」につながる力を育む具体的取り組みです。しかも、基盤となる学習を、ある意味"やらせながら"。 「未来社会の予想よりも、今何をすればいいのかを教えて欲しい!」 これが、子育て家庭のリアルなニーズと感じます。 専門家の言う通り「子育てには正解がない」のですが、それでも子

          伸びる子は「自己肯定感」が違う―親の関わりが決める

          親が◯◯では子どもはスマホ依存から抜け出せない!

          「またスマホばかり触って!」 「スマホを触っている時間があるなら勉強すれば?」 多くの親はこう思っているでしょうね。毎日子どもにこう言っている方もいるでしょう。もっと勉強や家族との時間との切り替えをはっきりしてほしいですよね。怒ってしまうと、逆に反抗的な態度を取るし…。 この記事ではどうすれば子どもがスマホ依存から抜け出せるか、依存にならないで済むかを解説しています。悩める親御さんはぜひ読んでくださいね。 スマホ依存はスマホを取り上げてもムダ子どもが勉強もせずスマホばか

          親が◯◯では子どもはスマホ依存から抜け出せない!

          北海道公立高校入試、合格のカギは「1・2年生の過ごし方」

          お子さんの受験というのは、保護者の方にとっても一大イベントですよね。初めてのお子さんで受験経験がない方であればなおさらでしょう。 高校受験は都道府県によってその方法が異なったり、制度が変わったりすることもあり、ご自身の経験が生かせないのも悩ましいポイントです。 高校受験を不安に感じている方や、早めに情報収集をしたいと思っている方のために、この記事では北海道の公立高校入試の流れや合否の仕組みについてお伝えします。時期別の勉強方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね

          北海道公立高校入試、合格のカギは「1・2年生の過ごし方」